本文です
メインメニューへ戻る

当機構について

当機構について

理事長あいさつ

 私ども、自動車技術総合機構は、平成28年4月1日に自動車検査独立行政法人と独立行政法人交通安全環境研究所が統合され、国から自動車の登録に関する確認調査事務の移管を受け、新たに発足しました。現在、東京都に交通安全環境研究所、埼玉県に同自動車試験場及び全国に93か所の事務所等、298基の検査コースを設置し業務を行っております。
 当機構は、道路運送車両法に基づく基準適合性審査、リコール技術検証等の業務を、的確で厳正かつ公正に実施するだけでなく、自動車の設計から使用段階までを総合的に対応することによるシナジー効果の創出を通じ、自動車等の陸上交通に係る国民の安全・安心の確保及び環境の保全を図るとともに、国土交通省が行う自動車等の基準策定に係る研究の中核をなし、併せて国際標準化業務の支援等を行ってまいります。
 これらの役割を確実に達成し、当機構の「安全で環境にやさしい交通社会の実現に貢献する」という社会的使命を果たして参る所存でありますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

             独立行政法人自動車技術総合機構
                   理事長 柳川 久治                           

サイドメニューです